Cloud TENMA DR対策 GUARDIAN ITお役立ち情報 ITの最新技術

テレワークに潜む情報漏洩の危険性〜セキュリティ対策〜

投稿日:

新型コロナウィルス対策として全国各地でテレワークの導入を急速に実施する企業が増えてきました。

テレワークとは、厚生労働省の説明によると「ICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」とされており
ICTを活用することで本来勤務する場所から離れ、自宅などで仕事をすることができるため、様々な場所で柔軟な働き方をすることができます。

 

テレワークが情報セキュリティのリスクになる?

様々な場所から仕事ができるようになるテレワークですが、
空港や駅、カフェやホテルなどで提供されている無料のWi-Fiサービスを利用することや
自宅から個人PCやタブレット端末などを使用しているのが現状です。

普段仕事をしているオフィス環境とは異なり、
ネットワークの回線やストレージ不足、セキュリティ対策が不十分であることなど、様々なことが問題になっているようです。

特に、注意をしたいのは公共の無線LAN(Wi-Fi)を利用してノートPCやタブレットで業務を行うと
「無線通信の傍受」が用意にされやすく、通信内容のみならず、端末上の様々な情報が漏洩したりサイバー攻撃の対象となってしまう危険性も潜んでいます。
また、メールの誤送信や情報漏洩のリスクも増加している。

テレワークに最適なセキュリティ対策ツールおすすめ

弊社で提供しているテレワークに最適なサービスとしてQNAP社製テレワークに最適なNASを採用した【GUARDIAN+Rバックアップシステム】なら外部から安全にアクセスをすることが可能です。
QNAP社製高耐久NASを採用した【GUARDIAN+Rバックアップシステム】のテレワーク活用方法
こちらは、【高耐久のハードディスクを使用】【万が一の故障やトラブルに備えてデータ復旧完全無料保証】【現地で無料設置設定サポート実施】【安心のクラウド保存】
というメリットがあります。

また、自動暗号化機能が搭載されているクラウドを利用することで情報漏洩や不正なアクセスを防ぐことも可能です。
最強クラウド「Win-Get! Cloud TENMA」の魅力徹底解析!
こちらのクラウドサービスは、【バックアップと共有機能】【自動暗号化】【WEB公開機能・受取フォルダ機能】【SurfaceGo・iPadレンタルつき】【導入無料設定サポート】というメリットがあります。

どちらのサービスも導入時の設置設定からトラブル時のサポートまで弊社スタッフが現地でサポートを行なっていますので、お気軽にご相談ください。
 

「新型コロナウィルス感染症対策のためのテレワークコース」

厚生労働省ではテレワークを推進するための助成金の公募が行われており、「新型コロナウィルス感染症対策のためのテレワークコース」が創設されました。
この機会に導入をされてはいかがでしょうか?
※全国、各都道府県にて助成金の利用が可能です。詳しくは厚生労働省のサイトから確認できますので、参照ください。

-Cloud TENMA, DR対策, GUARDIAN, ITお役立ち情報, ITの最新技術
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

緊急対応! アクセスできないTeraStationからの出張データ復旧

Contents1 NASにアクセスできない!社内でデータ取り出そうとしても取り出せない。2 無料出張診断のためお客様先に伺う!2…

続きを読む

実録!電子音がしているLANDISKからデータ復旧に成功!

Contents1 LANDISKから電子音が発生!2 診断結果3 専門スタッフの声・所感4 バックアップの重要性 LANDISK…

続きを読む

故障したDriveStationからの復旧に成功!

Contents1 【故障事例】障害状況と障害発生までの経緯2 【無料出張診断の結果】3 【スタッフ所感】4 【事例概要】 【故障…

続きを読む

起動できないWorkstationの起動に成功!

Contents1 Workstationを元の状態で使用したい!2 診断結果3 クローン作業によりWorkstationの起動に…

続きを読む

アクセスができない!共有サーバーの復旧成功!

Contents1 メーカーでも修理不能!データだけでも取出したい!2 RAID構成に安心し、バックアップを取っていなかった。3 …

続きを読む